ぽんこつweb
ダイエット・ジャニーズ・ゲーム・まんが・サッカー・グルメ・にゃんこ・・・
興味のあることをつらつらと。
CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
ついった
RECOMMEND
魔女裁判 DVD-BOX
魔女裁判 DVD-BOX (JUGEMレビュー »)

初!連ドラ主演作。
SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」
SHINKANSEN ☆ NEXUS vol.2 「Cat in the Red Boots」 (JUGEMレビュー »)

斗真出演舞台で1、2を争うぐらい好き。
副音声が楽しいです。
SELECTED ENTRIES
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
なんかしらべる

近いところへ
Tord Boontje
ねこ温度計
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 赤ちゃんのこと | m a i n | そういえばズファジラン >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
6月末〜7月まで
 6月の終わりに、結構激しい量の出血がありました。
どれぐらいかというと、ベッドの敷パッドに染みちゃうぐらい。
よく生理で失敗してた、中〜高校生の頃を思い出しました・・・。

いろいろ調べてみると、妊娠中の出血って結構よくあることらしく、イコール即流産、ってことにはならないとあるのですが、そのときの私の頭の中には
『流産(切迫流産含む)=出血を伴う』
ってことしか浮かばず、パニックになって大泣きしてしまいました。

りょうちゃん(旦那さん)は「大丈夫だよ」って何度も言ってくれたんだけど、心の中では
「こんなに血が出てるのに、大丈夫なんてことあるわけないじゃん!」
と、能天気(に思えた)なりょうちゃんの言葉がほとんど響いてきませんでした。

でも、翌朝診察を受けてみると
「赤ちゃんは元気だよ〜。ちゃんと育ってるよ〜」
とのお医者さんのお言葉。
その一言で、ほんとにホッとしました。(りょうちゃん、ゴメン・・・。)
ただ、子宮が収縮しているそうで、収縮を止める薬の処方と、そこから一週間の自宅療養を言い渡されてしまいました。
そのときは本当にただ、赤ちゃんが無事だったことに安心して、何も考えずにお薬を飲んでいたのですが・・・。
まあ、産婦人科の先生が処方してくれる薬なので間違いはないと思いますが、もうちょっと色々聞いたりすべきだったかな。でも、本当に流産じゃなかったってことだけで気持がいっぱいになって、薬だろうが会社を休むだろうがなんでもいい!って思ってしまったのでした・・・。
頂いたのはズファジランというお薬を1週間分でした。あとでネットで調べたら、やはり子宮の収縮を抑えるお薬で、同じような薬でいうと比較的強めの効果があるウテメリンよりは妊娠初期に処方されることが多いようなことが書いてありました。

で、無事一週間の安静も解け、出勤も再開しました。
以前、妊娠が判明したことを会社の管理部の方に相談したとき、すぐに時短勤務の手続きをしてくれたおかげで、毎朝定時より1時間遅く出勤することが出来ているのですが、これが本当に助かる〜。
私が通勤に使ってる電車は、1時間で乗車率がものすごく違って、らくらく座れるんです。
(でも、今乗ってる電車の1本前まではまだ結構混んでる・・・すごい微妙な差があるみたい??)

それからは出血もなく、次の検診の日を迎えました。
赤ちゃんは相変わらず元気に育っているとのこと。
でも、まだ子宮が収縮しているとのことで、またズファジランを、今度は2週間分処方されました。
会社に出ていることについてはあまりいい顔はされなかったのですが、
「疲れると子宮が収縮するから、あまり無理しないで、疲れたらすぐに休むように」
との注意を頂いただけで、自宅安静までは言われませんでした。

まあ、私、会社でそんな高い位置にいるわけでもないし、私がいなくてもぶっちゃけ仕事は回るようになっているので(それが正しい会社のあり方だとは思う)、私が無理して会社に出てる必要はないと言えばないのです。
でも、問題はやっぱりお金。
会社から出産育児一時金も貰えるし、一応保険も入ってるのでそっちからもお金は貰えるだろうし、出産費用が捻出できないってことはないですが、今までWインカムで悠々自適に暮らしてきた私たちが、いきなりりょうちゃんのお給料だけで生活できるかというと、かなり不安です。
それに、妊娠が発覚する前にうちににゃんこがやってくることが決まっていまして、今は2ニャンの親でもあります。この子たちのごはん代も結構掛かるから、やっぱり私も働かないと色々キビシイ・・・。
多分、どこのワーキング妊婦さんも同じような事情があるのではないでしょうか?

「辞めます!」って言って辞められない会社なんてない。(特に女性の場合)

でも、「辞めます!」って言えない事情なら、いろいろある・・・。

この不況下、一旦会社を辞めて、子育てが落ち着いてからゆくゆくは再就職したいと思っても、よほどのスキルが無い限りはなかなか条件が厳しいだろうし、産休ギリギリまで働いて、育児休暇貰って、そのまま復帰するっていう芽を残しておきたい・・・。
こんなちょっとズルイ気持ちがあるのです・・・。

幸い、うちの会社はまだ若い会社ですが、コンプラなんかにすごく力を入れている会社だけあって、そのあたりの福利厚生はしっかりしているので安心。
でも、若い会社というのも善し悪しで、私が妊娠・出産・育児休暇取得の第一号ケースになる為、詳しいことがあまりはっきり決まっていないらしい・・・。
や、やだなー。そういうフロンティア精神、あんまり持ち合わせてないんだけどなー。
私が納得いかない条件を飲んでしまうと、後続に迷惑が掛かってしまうかも!?
なんていう、よく分からないプレッシャーもあったりします。あーめんどくさい・・・。
ただ、育児休暇は一年みたいです。親会社は二年あるらしいんだけど。さすが世界中に名前の通った企業だけあるな・・・。子会社も同条件にしてくれないかなー?

そんなこんなで、ただいま15週に入ったところです。
今週末にまた検診に行ってきます。

| maternity | 13:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:44 | - | - |









http://ponkotsu.jugem.cc/trackback/109